Sunday, November 21, 2010

テントインナーの防水+まとめ

本日はとても気持ちのよい天気である.先週は兵庫MVキャンプであったが,黄砂がきていたようで,雨はふらなかったがなにかとすっきりしない天気であった.秋も落ち着き,冬になりつつある感じだが寒さが厳しいわけでもなく,年末ほどせわしいこともなく,ずーと11月であればいいのに.モンベルムーンライトの復活というかウレタンコーティングの劣化をクリーニング,フライシートまでは防水処理まで実施した.残っていたインナーの防水処理を行った.

 インナーはグランドシート部と側面部の茶色の部分で,内側にウレタンコーティングしてあった.グランドシート部はフライシートと同様に劣化していた.側面はウレタンコーティングは生きていたが,重曹水ですべてクリーニングした.ウレタンが劣化した部分は比較的容易に除去できたが,劣化が進んでいない部分は取れにくかった.インナーを表裏をひっくり返して,ぬるま湯重曹水に付け置き2時間(ときどき攪拌)+引き上げビニール袋で浸透一日を4セットほど実施した.それでも部分的にのこっていたが,主に内側であるのでそれでよしとした.
防水処理はインナーをフレームに組み,フライシート同様 パラウエットを刷毛塗り.ほぼ1Lほど使った.
 乾燥はフレームごとひっくり返して天日干し

できあがったテントの中で寝転がり,空を眺める.テントってやっぱいいよな~. 空を眺めて昼寝できるのは何と幸せか.おわり

今回の方法のまとめ
クリーニング,すすぎ,乾燥
ウレタンコーティングの劣化は重曹水ですっきり落とすことができる.劣化していないところは落ちにくい.クリーニングは風呂のぬるま湯(温度が高いほど効果があるようだが,今回は40℃前後レベル) 100Lほどに重曹500g フライシート,テントインナーをどぶづけ2時間ほど.15分おきごとに攪拌.攪拌の風呂のフタの板をつかった.引き上げて ビニール袋に来るんで一日放置(浸透)これを3~4回ほど繰り返した.


重曹は他の汚れのクリーニング効果もある.しつこい汚れのところには 重曹を濃縮したものを塗布しておき浸透させておいた.重曹クリーニングは若干色あせがあるようだ.弱アルカリ性であるため,防カビ効果を期待.すすぎは3回ほど実施.


防水処理
洗濯がおわったものを十分乾燥させた後,テムポ社パラウエットを刷毛塗り.フライシートとインナーで2.5Lほど使用. 防水性は水道水の簡易テストではいい感じだが,実際の雨水では未確認.臭いもきつくなく,生地の色や風合いを害することはない.比較的塗りやすい.乾燥は緩やか.

No comments: